売りマンションや売りアパート等の投資用物件を購入するメリットは、主に私的年金のキャッシュフロー設計、相続税対策、節税効果、生命保険の代替、インフレヘッジ・キャピタルゲインなどです。

不動産投資についての考え方や特徴、長所について分かりやすく解説した「不動産投資のメリット」で高収益の不動産投資を目指しましょう。
トップへ トップへ 会社案内 会社案内 プライバシーポリシー プライバシーポリシー サイトマップ サイトマップ
不動産投資用物件のお問い合わせと資料請求フォーム
不動産投資用物件のお問い合わせはこちらから。 お急ぎの方は、
e-不動産投資物件情報へのお問い合わせでお急ぎの方はお電話ください
までお電話ください。
投資物件情報検索
不動産投資用物件の売りアパート、売りマンションの情報検索
▼新築マンション一覧
▼新築アパート一覧
▼中古マンション一覧
▼中古アパート一覧
価格で投資先検索
マンション価格で検索
投資用新築マンション・投資用中古マンション価格別検索
〜3,000万円
3,000万円〜
5,000万円〜
8,000万円〜
1億円〜
2億円〜
アパート価格で検索
不動産投資用物件(新築アパート・中古アパート)価格別検索
〜3,000万円
3,000万円〜
5,000万円〜
8,000万円〜
1億円〜
2億円〜
利回りで投資先検索
利回りで検索する不動産投資用の売りアパート、売りマンション
〜5%
5%〜
6%〜
7%〜
8%〜
9%〜
10%〜
11%〜
12%〜
13%〜
14%〜
15%〜
20%〜
立地にこだわるエリア検索
首都圏の不動産投資物件情報をエリア検索。ご希望のエリアをお選びください。
▼東京都全域(東京都23区・東京都下)
▼東京都23区全域
▼都心エリア
中央区、千代田区、渋谷区、港区、新宿区
▼東京都 城南エリア
大田区、品川区、世田谷区、目黒区
▼東京都 城西エリア
練馬区、杉並区、中野区、板橋区
▼東京都 城北エリア
豊島区、文京区、北区、荒川区
▼東京都 城東エリア
江戸川区、江東区、墨田区、台東区、足立区、葛飾区
▼東京都下
▼埼玉県内
▼千葉県内
▼神奈川県内
▼その他
投資マンションエリア検索
不動産投資物件情報の中でも投資用マンションだけを首都圏でエリア検索します。
▼東京都全域(東京都23区・東京都下)
▼東京都23区全域
▼都心エリア
中央区、千代田区、渋谷区、港区、新宿区
▼東京都 城南エリア
大田区、品川区、世田谷区、目黒区
▼東京都 城西エリア
練馬区、杉並区、中野区、板橋区
▼東京都 城北エリア
豊島区、文京区、北区、荒川区
▼東京都 城東エリア
江戸川区、江東区、墨田区、台東区、足立区、葛飾区
▼東京都下
▼埼玉県内
▼千葉県内
▼神奈川県内
▼その他
投資アパートエリア検索
関東地方全域から不動産投資物件情報の中でも投資用アパートだけをエリア検索します。
▼東京都全域(東京都23区・東京都下)
▼東京都23区全域
▼都心エリア
中央区、千代田区、渋谷区、港区、新宿区
▼東京都 城南エリア
大田区、品川区、世田谷区、目黒区
▼東京都 城西エリア
練馬区、杉並区、中野区、板橋区
▼東京都 城北エリア
豊島区、文京区、北区、荒川区
▼東京都 城東エリア
江戸川区、江東区、墨田区、台東区、足立区、葛飾区
▼東京都下
▼埼玉県内
▼千葉県内
▼神奈川県内
▼その他
e-不動産投資物件情報の無料メールマガジン『e-不動産投資物件速報』
優良投資物件情報や不動産投資に役立つ専門家のポイントアドバイス、購入者へのインタビュー等の情報をHTMLメールで定期的に配信。
現在受付停止中
投資物件を探します『e-不動産投資リクエスト』
e-不動産投資リクエストはご希望の投資物件の条件を登録するだけでユアーズの専門スタッフがお客さまに代わり投資物件をリサーチ。
投資物件を探します『e-不動産投資リクエスト』
無料で不動産査定&現金買い取り『e-不動産売却査定』
不動産を売却したい方、ぜひe-不動産売却査定をご利用下さい。適切な売却価格を無料査定いたします。お急ぎの方は現金買い取りします。
無料で不動産査定&現金買い取り『e-不動産売却査定』
不動産投資ガイド
不動産投資について初めての方にもわかりやすくご説明いたします。
・不動産投資とは
・不動産投資のメリット
・不動産投資のリスク
・不動産投資の費用
マンション経営ガイド
アパート、マンション等の収益物件や利回り物件購入後の運用、経営業務について。
不動産投資体験談とアドバイス
投資用物件を実際に購入された方へのインタビューや専門家からのアドバイスなどをご紹介。
スタッフ紹介
私たちが収益物件を誠心誠意ご紹介させて頂きます。何でもご質問ください。
不動産業者の皆様へ
投資用不動産の販売依頼やアパート用地、マンション用地などの情報を求めています。
会社案内
「e-不動産投資物件情報」を発信しているユアーズ・コーポレーションの会社概要。
リンク集
不動産投資・アパート経営、マンション経営等に関するお役立ち情報リンク集。
・リンク集1
・リンク集2
・リンク集3
・リンク集4
・リンク集5
・リンク集6
リバティーコレクション
ユアーズ・コーポレーションのデザイナーズアパートメント「リバティー」。
マネージャー通信
ユアーズ・コーポレーション不動産事業部マネージャー石島明のコラム。毎月更新。
マネージャー通信バックナンバー
石島明のコラム「マネージャー通信」バックナンバー。投資のことから日常のことまで。
プライバシーポリシー
不動産投資物件を取り扱うユアーズ・コーポレーションの個人情報保護方針について。
不動産虎の巻Vol.3完成
不動産虎の巻サンプル
ただいま無料にて配布中! DVDかCDRを
お選びいただけます。
不動産虎の巻お申し込みフォーム
不動産虎の巻Vol.3ダイジェスト動画
不動産虎の巻Vol.3ダイジェスト動画をダウンロード
※Windows Media Playerに
対応しています。
デザイナーズ・アパートメント「リバティー」施工例集
時代の先端を行く快適な  上質空間を創造する信頼の  ブランド「リバティー」
時代の先端を行く快適な
上質空間を創造する信頼の
ブランド「リバティー」
当社関連サイト集
「不動産・土地活用のエキスパート」ユアーズ・コーポレーションの公式サイト。
「不動産・土地活用のエキスパート」ユアーズ・コーポレーションの公式サイト。
ウィークリーマンション、マンスリーマンション等の家具付き短期賃貸物件検索サイト。
ウィークリーマンション、マンスリーマンション等の家具付き短期賃貸物件検索サイト。
東京都内マンスリーマンション・ウィークリーマンション検索サイトの英語版。
東京都内マンスリーマンション・ウィークリーマンション検索サイトの英語版。
世田谷区内・田園都市線沿い・小田急線沿いでの素敵なお部屋探しは世田谷賃貸ドットコム。
世田谷区内・田園都市線沿い・小田急線沿いでの素敵なお部屋探しは世田谷賃貸ドットコム。
コインパーキング(時間貸し駐車場)でオーナー様の資産運用をお手伝い。
コインパーキング(時間貸し駐車場)でオーナー様の資産運用をお手伝い。
yours blog/営業マンこぼれ話
あなたの老後は大丈夫ですか?ライフプランから資産運用まで『e-ファイナンシャルプランナー通信』
当サイト専属アドバイザー、ラジオ番組等で活躍中のCFP原彰宏さんのホームページ。
不動産投資のメリット
売りアパートや事業用マンションを購入して不動産投資を始めると、どのようなメリットがあるのかを簡単にご説明いたします。

私的年金のキャッシュフロー設計
定年退職後の長い老後を豊かに過ごすためには現在の年金システムでは不安だと考える方が大勢いらっしゃいます。
公的年金や企業年金を補完する収入源として不動産投資は最適です。退職時までにローンの元利払いを完済させておけば毎月必要経費を差し引いた家賃収入が手に入り公的年金プラス私的年金として豊かな老後のキャッシュフローを生み出します。

節税効果
不動産投資では運用するアパートやマンションから得られる収入は不動産所得として給与所得等とは別に申告します。この時、建物の減価償却費、ローン金利、管理費修繕費、火災保険などの必要経費が認められます。それらを家賃収入から差し引き赤字が生じた場合は損益通算として給与所得から差し引くことができます。すでに源泉徴収されている所得税の還付や翌年の住民税も軽減されます。特に減価償却については実際の支払い支出はなく帳簿上でだけマイナスされます。但し、不動産所得が黒字の場合は税額が増え、節税効果は薄くなります。

相続税対策
不動産投資は相続税の軽減にも効果的です。預貯金や株式の相続税評価は原則として時価となりますが不動産の場合は評価額で課税されます。建物の評価額は購入価格の50%程度、土地部分は公示価格の80%程度で評価されます。さらに賃貸物件の場合はさらに評価額を下げることが出来ます。この場合預貯金や株式など時価で評価される資産とくらべると、通常の資産評価額の40%〜50%程度まで引き下げることが出来ますので相続対策としては有効な手法の1つと言えます。

生命保険の代替
不動産投資物件購入の際に、ローンをご利用になると団体信用生命保険に加入することになります。保険料は毎月のローン返済額に組み込まれており、オーナーが万一死亡及び高度障害になった場合ローンの残債はすべて保険により支払われます。残されたご家族にはローン債務が無くなったアパートやマンションが相続され、月々安定した家賃収入が入りますし、相続した物件を売却すればまとまった金額を手にすることも可能です。

インフレヘッジ・キャピタルゲイン
将来の経済情勢は予想が出来ません。現在はデフレで不動産価格や家賃も低迷をしておりますが、将来経済がインフレに転じた場合、物の価値が上昇し預貯金などの貨幣価値が低下します。つまり、インフレ時には投資物件の資産価値や賃料相場の上昇が考えられます。インフレ時に低下する預貯金の一部をアパート・マンションなどにして運用しておくことで将来のインフレヘッジになります。またインフレ時に購入した不動産を売却すれば多少のキャピタルゲインを見込める可能性もあります。
一棟売りマンション、一棟売りアパートの首都圏の情報を発信するe-不動産投資物件情報へのお問い合わせはこちら
不動産虎の巻Vol.3完成 不動産虎の巻Vol.3ダイジェスト動画 デザイナーズ・アパートメント「リバティー」施工例集 東京デザイナーズアパートメント
e-不動産物件投資情報サイト、不動産投資のメリットページのトップへ戻る
Copyright (c) 2007 株式会社ユアーズ・コーポレーション All rights reserved. Produced by i-pocket.